ワインひと筋21年のソムリエから伝授!美味しいワインの楽しみ方

数年前、海外の名高いレストランでワインを注文した際、友人にと
あることを指摘されました。
「ワインは『Drink(飲む)』ではなくて『Taste(味わう)』
ものだ」と。よくよく話を聞くと、ビールやウィスキーは飲むもの
だが、ワインは、味わうものだという違いがあることを知りました。

以来、ワインにはまり込んだ私ですが、いまだに日本ではワインは
「Taste」ではなく「Drink」の習慣が根強くあるように感じます。
ワインは味わうもの。酔うために酒を飲むのではなくて、複雑な味
や香を味わって楽しむのがワインの醍醐味。それに、ワインの正し
い飲み方を知っておくと、ワインをより美味しく楽しむことが出来
ますし、見た目にも良いですよね。そこで今回は、ワインの魅力を
徹底的に伝えていきたいと思います。

ワインには数え切れないほどの種類があります。それはワインが他
の種類とは異なり、多少の欠点もそのワインの個性として排除され
ることなく認められてきたからなのでしょう。
また、ワインは生き物。ワインショップのセラーに並んでいるワイ
ンでも、ボトルの中で熟成を続けているといわれます。熟成を続け
るワインの場合にはそれぞれに「飲み頃」があります。この「飲み
頃」を考えながらワインを選び、味わう。これもワインの味わいの
本質を知る喜びのひとつといえます。

個性豊かな上に奥深く、そして芳醇なワインが世の中にはあふれ、
それがワインの楽しみである反面、ワインは難しいとかややこしい
と言われる理由にもなっています。それが未だにワインが日本では
「Drink」たる所以でしょう。
もちろん、小難しいことを抜きにしてワインを味わうのもワインの
楽しみ方のひとつです。ただ、ここではすこしこだわってワインを
紹介していきたいと考えています。ワインの味わい方から、その歴
史、細かい小話まで、その中身をひもといていけば、これまであま
り知られていなかったワインの奥深さが垣間見れるかもしれません。
適度な運動をして美味しいワインを楽しみませんか!
ほどよい運動はコチラhttp://toralud.com

ワイン

トップページ
ワインの開け方はコルクオープナーにコツがあります
ワインの色でわかります
味わう秘訣はワインを口の中で楽しむ事です
グラスを回して何になるの?
ワインと香りには密接な関係があります
ワインに欠かせない要素は「味」です
気になるのはワインの飲み頃です
ワインと相性の良い料理は何でしょう
日本食とワインは相性が良いです
アペリティフって何でしょう?
もう一品!ワインの即席レシピです
ワインベースのオススメカクテルです
ワインを購入する前にお店を選びましょう
初心者におすすめのワインです
ボジョレーの季節は毎年楽しみです
解読しようラベルから読み解くワインの素顔
価格の幅が大きい!何で値段がこんなに違うの?
古いだけではありません!ヴィンテージワインとは?
コルクを見ればワインがわかります?
ワインの世界でも!世界の常識と日本の非常識
ワイングラスにこだわってみましょう
ワインの先生ソムリエについて
迷ったら尋ねよう!どんなワインを頼めば良いの?
ワインの名前を紐解いていけば…
温度に乾燥!ワイン保管の注意点
保存するなら!ワインセラーのススメ
ひと手間かけると見違えます!デカンタージュ?
空気に触れると変化します!ワインを飲むのに3時間!?
後で飲もう!残ったワインはどうするの?
以外とカロリーが!ワインも飲み過ぎに注意
マナーが大事!高級店でのワインのルール
料理に気配り!ワインキラーにご注意
マネはしないで!栓抜き無しで栓を抜く?
2分されます!ぶどうを大別すると…
赤・白・ロゼ・ワインの3原色
ワインは大きく分けて4種類です
世界中のワイン!各国ワイン比べ
日本におけるワインの品種は高品質です
世界で一番有名な産地!ボルドーワイン
「ワインの王」ブルゴーニュ
最高級の甘口!貴腐ワインについて
ワインは世界中で最も古い酒?
赤ワインは健康飲料!ポリフェノールとフラボノイド
赤ワインは認知症の予防に効果があります
ワインとチーズは抜群に相性が良いです
値段や人に惑わされない自分の味を知ろう
ワインも見極めができるようになろう
ワインボトルの形状で中身の想像ができます
ワインを楽しむ最低限のマナー
ワインのトレンドはずいぶん変化しました

その他

リンク募集中