ワイン>温度に乾燥!ワイン保管の注意点

ワインは保存状態や開封のタイミングなどで味や香りが変わってく
るほどデリケートな存在。一番最適な状態でワインを楽しむため、
ここではワインの大敵についていくつかお話したいと思います。

まず高温は要注意です。ワインの保存に最適な温度は10〜14℃ほど。
温度が高いと熟成が早まり変質しやすくなってしまいます。また、
瓶の中でも熟成を続けているワインは温度が低いと逆に熟成が止ま
ってしまうこともあるので要注意。そして温度はできるだけ一定に
しておくと、よい状態がキープできます。

次に気をつけなければならないのが乾燥。保存している場所の湿度
が低いとコルクが乾燥し、微生物が侵入しやすくなってくるからで
す。またコルクが乾燥していると、飲むときに抜きにくいですよね
。ワインは横に寝かせて保存するのが良しと言われていますが、
その理由はコルクを湿らすことで膨張させ、有害な微生物の侵入を
防ぐ目的があるからです。ワインに適した湿度は70パーセントくら
いと言われます。

このほか、においや振動、光には注意が必要です。異臭があるとワ
インに移りますし、ボトルに振動を加えると熟成が早く進みすぎて
しまいます。また蛍光灯や日光などもワインを劣化させる要因です。

ワイン

トップページ
ワインの開け方はコルクオープナーにコツがあります
ワインの色でわかります
味わう秘訣はワインを口の中で楽しむ事です
グラスを回して何になるの?
ワインと香りには密接な関係があります
ワインに欠かせない要素は「味」です
気になるのはワインの飲み頃です
ワインと相性の良い料理は何でしょう
日本食とワインは相性が良いです
アペリティフって何でしょう?
もう一品!ワインの即席レシピです
ワインベースのオススメカクテルです
ワインを購入する前にお店を選びましょう
初心者におすすめのワインです
ボジョレーの季節は毎年楽しみです
解読しようラベルから読み解くワインの素顔
価格の幅が大きい!何で値段がこんなに違うの?
古いだけではありません!ヴィンテージワインとは?
コルクを見ればワインがわかります?
ワインの世界でも!世界の常識と日本の非常識
ワイングラスにこだわってみましょう
ワインの先生ソムリエについて
迷ったら尋ねよう!どんなワインを頼めば良いの?
ワインの名前を紐解いていけば…
温度に乾燥!ワイン保管の注意点
保存するなら!ワインセラーのススメ
ひと手間かけると見違えます!デカンタージュ?
空気に触れると変化します!ワインを飲むのに3時間!?
後で飲もう!残ったワインはどうするの?
以外とカロリーが!ワインも飲み過ぎに注意
マナーが大事!高級店でのワインのルール
料理に気配り!ワインキラーにご注意
マネはしないで!栓抜き無しで栓を抜く?
2分されます!ぶどうを大別すると…
ワインの3原色
ワインは大きく分けて4種類です
世界中のワイン!各国ワイン比べ
日本におけるワインの品種は高品質です
世界で一番有名な産地!ボルドーワイン
「ワインの王」ブルゴーニュ
最高級の甘口!貴腐ワインについて
ワインは世界中で最も古い酒?
赤ワインは健康飲料!ポリフェノールとフラボノイド
赤ワインは認知症の予防に効果があります
ワインとチーズは抜群に相性が良いです
値段や人に惑わされない自分の味を知ろう
ワインも見極めができるようになろう
ワインボトルの形状で中身の想像ができます
ワインを楽しむ最低限のマナー
ワインのトレンドはずいぶん変化しました

その他

リンク募集中